ブログ【ジェイエイの部屋】

アクセスカウンタ

zoom RSS 私たち親子、やっぱり変!?

<<   作成日時 : 2006/09/03 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2ヶ月前の診察時のこと、
検査結果の数値は糖尿病!
それも予備軍ではなく完全なる糖尿病の数値なのだと。

関節リウマチとバセドー病を持つ私は
2ヶ月に1回の検査と診察は欠かせない。
先生の話によれば永遠に・・・なんだけどね。

もちろん常用している強い薬の副作用の心配もあるから
検査の数値で薬の量をコントロールしなくちゃいけないんだけど。

で、2ヶ月前の定期健診時。

先生との話は体重と脈拍と血圧から始まった。

心拍数は安定してきている。
以前はバセドー病の症状で、常に脈拍120〜130だった。
「いつも100m全力疾走しているみたいだ」と先生の言葉。
疲れるのは当然のことである。

あ、また横道にそれた。

「体重39kgは痩せすぎだな。
まずは体重増やして体力つけないと」先生は言う。
「たくさん食べないと!」と。

「43kgが私のベスト体重なんだけど、食べても太れないんです!」
バセドー病がひどい時は、まさにそうだった。
食べても食べても痩せていく。
そして43kgから35kgまでやせ細った。

回復し、体重も1時期は45kgまで復活したのに、
またいつの間にか40kgを切ってしまったのだ。

「体力だけはあるんですけどね」と私は笑った。

その直後、
検査結果を見ていた先生が
「ありゃ?再検査してあるぞ。この数値」と意味不明のことを言う。

「血糖値がまた上がってる」と。

再検査した数値からすると、
糖尿病予備軍ではなくて、



まさに糖尿病!!!



「先生、私、糖尿病の対策で食事制限しなくちゃいけない?」

「う〜ん、数値からするとそうだな。薬の影響も考えられるが」

すかさず私は言った。
「先生!今、いっぱい食べて体重増やせって言ったばかりじゃないですか」


「私、たくさん食べて太った方がいいんですか?

それとも、食事制限して痩せた方がいいんですか?」



先生は黙り込んだ。

だよなぁ〜まさに正反対じゃん。
栄養あるもん食べて太らなきゃいけない私が、
少しでも減らして血糖値下げなくちゃいけないなんて。



私、どうすればいいんだ?



結局、まずはたくさん食べて太るのを優先。
薬の影響もあるかもしれないので
糖尿病対策は今後の検査結果を見ながら決めるということになった。

今週、その2ヵ月後の検査がある。
さて、どうなることやら・・・



ここで、もう一つ。



我が家のミューちゃん。
尿がアルカリ性に傾くとストルバイト結石が出る体質。
これは多くの猫ちゃんにもある体質。

ところが、それだけではなく、
酸性に傾くとできてしまうシュウ酸カルシウム結石の体質もある。
獣医さんも、「話には聞いたことがあるけれど・・・」
と言うほどの厄介な特異体質。

そう、正反対の症状を併せ持つのだ。


それって私と同じじゃん。


ということは・・・

つまり・・・



遺伝?


ミューは私の子だから?



ん?



てことは、私がミューを産んだ?


あれ?


私・・・ネコの子産んだっけ?


おとーちゃんは誰なんだ???


【私の撮った写真集
無料でダウンロードできるので
覗いてみてね♪】

画像


【PR】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
リウマチ持ちだと 糖尿病になることもあるって聞いた事あります。(薬のせい?だったかな。) 私も毎月の血液検査で糖尿病?って思ったことあるんです。
数値が ちょっと あれ?って。。
Drに聞いたら糖尿病の数値、教えてくれて 私は大丈夫な範囲だったけど・・でも発病前より高かったから 一応気をつけてます。 おいしいものばかり食べないで粗食がいいのかな?とも思ったりします。
体重は私も減りましたよぉ〜。今は46〜7`ですね。
発病前、ママ友達とランチばかり行ってた頃50`になった時は さすがに重たかったな〜〜(笑)

 
Basil
2006/09/03 18:13
大丈夫ですか??
義理の母はリウマチの薬で胃潰瘍になってました。
いろいろ薬の副作用ってあるんですね。
体調の管理、大変だと思いますが頑張って下さいね。
ミューちゃんと一緒に・・・
ミューちゃんのおとーさんの心当たりはないんですか??胸に手を当てて考えたほうがいいですよ〜(笑)\(^O^)/
(ゆ)
2006/09/03 19:54
相反する症状だと大変ですね。
薬の影響もあると思います。
私も若年性高血圧症と言われ薬を飲んでますが、その副作用で肝臓の数値がよくないのです。
食べ物も身体に良いと言われている物の中にも、ある症状の人は避けて下さいとかありますし、健康管理するのは大変ですよね。
先生にも相談して一度、栄養士に相談するという方法もあるかも知れません。
ミューちゃんともども病気に負けないで、頑張って下さい。
punkuma
URL
2006/09/03 20:45
□Basil さんへ□
リウマチだとなりやすいのかなぁ。
私も少しずつ血糖値高くなってきて、前々回は予備軍だったのに、前回では糖尿病^^;
私、粗食なんだけどなぁ。
だって、ひとりご飯なんて絶対粗食になるよ。お肉食べたのいつだっけ?お肴食べたのいつだっけ?そんな感じだもん(笑)
今週の検査結果がどうなっているか・・・
いろいろ併発しやすい病気もあるからお互い気をつけようね〜!
ジェイエイ
2006/09/03 21:41
□(ゆ)さんへ□
義理のお母様も胃潰瘍に?
私も薬の副作用でなったことあるよ。
ストレスとかのせいかもしれないけどね。

>ミューちゃんのおとーさんの心当たりはないんですか??胸に手を当てて考えたほうがいいですよ〜
ヾ(>▽<)oきゃはははっ!
やっぱりおとうちゃんはネコだよね?
アメリ君、夜中に私を襲わなかった?(爆)
ジェイエイ
2006/09/03 21:47
□punkumaさんへ□
ありがとうございます。
punkumaさんも大変なんですね。病気とお薬の副作用で。頑張ってくださいね。
なんだか病気もいろいろ抱えていると、慣れちゃうんですよね。私もミューも。
ミューの健康管理はしっかりやってるつもりだけど、
これを機会に私も健康管理しますね。
ジェイエイ
2006/09/03 21:51
こんばんわ。

わたしのオッキナ・オネータマも数年前、ガンガン痩せてきて、元気がなくなって、、、、「バセドー病」でした。いまは、もうよくなって、またガッチリ太っていますが。
病気も、薬も、、、うまく付き合うしかない場合もあるから、、、、気持ちを楽に、ね。でも、ご本人にとってはやっぱりシンドイことだろうと思います。
わたしには、心密かに「応援」するしかできないけど、、、、
耳元で、小さな声でささやいてあげるね、、、、

「が・ん・ば・ら・な・く・て・い・い・よ、、、」
hiyayakko
URL
2006/09/03 22:45
遺伝!?産んだの?ミューさんを??
やっぱり、ジェイエイ家に潜む謎の生物Xの仕業か・・・
それにしても、一見シリアスではじめといて、落ちはミューさん産んだで終わるか・・・
すごすぎるぞ、ジェイエイさん!!
やざぽん
2006/09/03 23:42
病気ってやっかいですよねえ。
付き合うにも、こう正反対の事言われたら・・。
どうしたらいいのか。
しんどいのに、いつも明るい記事のジェイエイさん。
頑張ってほしいですが、頑張りすぎないでほしいです。何が言いたいのか・・スミマセン(汗)
そんでもって、多分父親はやざぽ・・・げほごほ。
しゃけ
2006/09/04 01:56
□hiyayakkoさんへ□
ありがとう〜
しんどくない上に本人に自覚がない〜!
それが問題なんだよなぁ〜(;´▽`A``

>耳元で、小さな声でささやいてあげるね、
を見た瞬間、ドキドキしちゃたよ(^^;)
(あ、そういう意味じゃないよぅ、、、アブナイアブナイ)
何か魔女のおまじないでもされるかと思った。(笑)
そしたら、優しい言葉をかけてくれるんだもん。
ちょっと嬉しかったりして・・・(^ー^* )フフ♪
ジェイエイ
2006/09/04 12:45
□やざぽんさんへ□
オチじゃないってばぁ〜
深刻な悩みなんだってばぁ〜
だってミューは私の子だもん(≡^∇^≡)ニャハハ

ここで問題勃発。
しゃけさんのコメントを閲覧せよ!
「たぶん父親は・・・」〜ってヲイ(笑)
それでミューが生まれた?
絶句!(爆)
ジェイエイ
2006/09/04 12:49
□しゃけさんへ□
病気にはもう慣れた〜(笑)
数値がどうでも、私は糖尿病じゃないって決めた!
私が自分で決めたから、糖尿病じゃないもん(笑)
ここまで自己中だと、きっと病気も逃げ出すに違いないニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!

んで、父親は誰だって?(爆)
ジェイエイ
2006/09/04 12:53
糖尿病になると体重が落ちてきますので、糖尿病のほうも、きちんと検査したほうがいいかと思いますよ。
体重を増やすには、筋肉をつけるって方法もあるし、運動療法もいいかと。
特に、水中運動は、冷たい水の中でおこなうので、体温を保持するために自然と、身体全体に脂肪が付いてきます。また、アイソメトリックで筋トレをする方法も有効かと。
再検査ということなら、A1cの%が出ていたと思います。この数値で、一時的なものか、いつ頃から継続して血糖値が高くなっていたかが判断できます。食後どのくらいの時点で、血糖値だけだと血液検査をしたかによって変化がでますので、このA1cが一つの指針です。
薬の影響であれば、副作用情報を調べれば直ぐに分かりますよ。
りこ
2006/09/05 00:17
連投すいません><
書ききれなかった…

糖尿病の専門医にも、セカンドオピニオンをお願いしたらいいかもしれません。できれば、膠原病と糖尿病との専門がある総合病院でお願いするとよさげです。
うちの母は、肝炎専門のところに行っていたのですが、糖尿病も発症したので、セカンドオピニオンで相談した先生のススメで、糖尿病をまず、しっかり見てもらうことにしました。肝炎の先生は、何度不安を訴えても糖尿病に熱心になってくれなかったそうなんです。
なんか、ジェイエイさんのことが、他人事に思えなくて、すごい、堅くマジレスしてしまいました。
りこ
2006/09/05 00:19
連投すいません;;
バセドー病が抜けてましたね、すいません。
すべての専門医の意見を聞いて治療方針をだしてくれるとこがいいです。
糖尿病自体より、合併症が怖いんですよぉ。栄養士からの指導とかも有効かと思います。目からうろこなことが多いですから。母の指導入院でかなり勉強させてもらいました。
実際、薬の副作用で糖尿病になることもありますし、わたしのように家族歴があると危険度はかなり増します。
母の体重も今、38sくらいなんです。
元気なジェイエイさんでいてほしいので、いっぱい書いちゃいました、ごめんなさい。
りこ
2006/09/05 01:54
□りこさんへ□
たくさん書いてくれてありがとう。
膠原病と糖尿病も専門医はもちろん、技術や設備においても全国トップレベルの総合病院なんです。
検査結果の数値は過去からのデータと比較して診断していますよ。主治医を変えてセカンドオピニオンを求めたりもしていますし。
これだけの記事ではわかりにくいでしょうけど、リウマチもバセドー病も履歴が長いので・・・
そして同級生や友人に医師が多く、アドバイスもたくさんもらえるし。食事療法は、長女が介護食や療法食などの福祉調理を学んだ調理師で、栄養士でもあるから相談できるし。環境は整っているのかなと。
本当にありがとう。大丈夫よ。病歴10数年のベテラン(?)だもん(笑顔)
ジェイエイ
2006/09/05 13:46
よかったよかった!
この記事だけ読むと糖尿病に詳しい人だと、不安になりますよ^^;;;;

娘さんが、なかなか凄い資格もってらして、心強いですね。
母も、肝炎をほんと15年以上患っていて、その挙句、糖尿病発症でね。共に治らないし進行していく病気だし…。
年齢は違うけど、読んでいて母の状態とオーバーラップしてしまったの。
母の場合は、かなり厳しくカロリー計算して、食事を摂っています。身近で何人もみてるんですが、糖尿病の合併症はほんとに怖いです。
他の記事で、100%ジュースやたこ焼きやらが書いてあったりするし、真剣に心配になっちゃったよ。
糖尿病、うまくお付き合いして、元気なジェイエイさんでいてね。
りこ
2006/09/05 16:27
□りこさんへ□
そうだね。「オイオイ」って言いたくなっちゃうよね。
私の場合、リウマチとバセドー病がベースにあって、その上での血糖値の上昇だからね。
数値は糖尿病だけど、糖尿病対策よりもリウマチ&バセドー病のコントロール優先みたいだし。
主治医も全部わかった上で診断してくれているの。必要になったら糖尿病の専門医にまわされるしね。

りこさんは、糖尿病の事わかっているからこそ心配してくれたのよね。本当にありがとう。
嬉しかったよ。
いつも元気なジェイエイさんだもん。任せて〜♪
ジェイエイ
2006/09/05 18:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
楽天
私たち親子、やっぱり変!? ブログ【ジェイエイの部屋】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる